読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C's Family-First Philosophy

f:id:celticskun:20161201102135p:plain

ホーフォードはNBAの誰よりも真剣にコート上で責任を持っているがNBAの選手として貴重な経験をした

月曜日はホーフォードがバスケットボールに触ることはなかった。ベテランビックマンはヒート戦のためにマイアミ行きの飛行機には乗らず、彼の妻であるアメリア・ベガとの第2子にあたる娘アリアが生まれるのを見届けるために残ったのである。

この決断はすごく悩んだが僕は妻についていることが大切なことだと感じた。そしてチームはいつも全てをサポートしてくれ、いつも助けてくれると練習のため合流した火曜日のインタビューでホーフォードは言った。

スティーブンスとセルティックスという組織に月曜日のヒート戦に参加しない僕の決定と家族との時間を認めてくれてとても感謝している。これはセルティックスに迎え入れられ、ボストンに新しい仲間として尊敬してくれた最初の年のことでたくさんの意味がある。セルティックスが家族のために時間をくれたこと、1人の選手としてだけでなく1人の人間として、家族として考えてくれたことを本当に感謝している。

滅多にないシチュエーションにボストンでの最初の年で出くわした。そして、僕の妻は妊娠しながらアトランタからボストンに引っ越してくれた。妻をサポートすることは僕にとって重要なことで義務なんだ。僕たちには1人の息子がいて僕が彼女の近くにいてあげることが彼女にとって沢山の意味があることを知っていると続けた。

ブラッド・スティーブンスは最も責任を感じるのは、夫として、父親としてだと思う。ホーフォードのNo.1の活躍を楽しみにしている。そして、私達はアルが戻って練習していること、明日一緒に試合が出来ることを楽しみにしている。しかし、家族が一番大切なことは当たり前のことである。ホーフォードの家族最優先の考えに対して3年以上ホーフォードを見てきて月曜の夜のことを信念があると改めて強調した。

ホーフォードが試合に出ないというのはホーフォードが脳震盪で欠場していた時のようなセンター不足が懸念されたが月曜日のヒート戦では112-104で勝利。これについてホーフォードは彼らの結果にメンバーを誇りに思う。この短い期間ではまだ、完璧にはそれぞれが活きておらず印象的なところが足りない。全員が全力で取り組み言い訳せずにシーズンの練習をこなせば必ず強くなるとコメント

ホーフォードはチームメイトに自分が先頭に立ってハードワークを浸透させようとしている。全員が彼のように一切妥協しない環境が来るのも遠くないだろう。娘の誕生は例外中の例外でありより一層セルティックスの思いを見せてくれるはずである。

参考文献 
http://www.nba.com/celtics/news/sidebar/prac-112916-al-horford-appreciative-celtics-family-first-philosophy?sf43958447=1