読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DeMarcus Cousins rumor

f:id:celticskun:20161022002910j:plain

引用:http://www.celticslife.com/2016/10/isaiah-thomas-is-recruiting-demarcus.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter&m=1

どうも宮本武蔵です

今日はデマーカス カズンズについて書きたいと思います

毎度お馴染み昨シーズンのスタッツです

FG% 45.1%
3PG% 33.3%
FT% 71.8%
RPG 11.5
BPG 1.4
SPG 1.5
APG 3.3
PPG 26.9

平均出場時間34分でこのスタッツ化け物過ぎる笑

身長2m11cm、体重122キロ

NBAの中では他のセンターと変わらない身長なのですが飛び抜けて体重が重いのです

ほとんどのセンターが110キロ程度なのにそれより10キロも重い!!

それに加えて走力が凄いんです

ポストアップは勿論スリーまで打てるのでホントに化け物…

ちゃっかり昨シーズンより8%ほどスリーのシュート確率上がってるし

センターは怪我が多いポジションなのですが60試合に出てます(カラダ頑丈だな~

そんなカズンズとトーマスはSACで一緒のチームでした

トーマスのいた頃が最後にSACは下降しています

というかトーマスが6thマンとして強かった

トーマスは全力でカズンズをBOSにプッシュしているんですね

カズンズにこんなことを言っています

"If he came to Boston, that would be good, really good … The thing is, I’ve got his respect. I’ve always had that … When I was with him, I didn’t back down … I’m a point guard and that was my job. No matter if we did or didn’t get along off the court, on that court we were going to get along, and I was going to hold him accountable. That’s just how it is. It’s how I’ve always been. And he respects me for doing that."

ここはあえて翻訳をしないでいきたいと思います

さらにカズンズのインスタグラムにトーマスはコメントもしています

トーマスはアメリカ代表に選ばれそうな時もツイッターでアピールしていました

何事も全力で最下位からオールスターになるのもうなずける根性

昨シーズンのオールスター

今のSACはとにかく不良が多い

最近もタイローソンが遠征サボってパーティーをしてましたし

ロンドがいた頃は試合前の自主練にカスピとセスカリーしかいないと文句を言っていました

カズンズ自身も何人ものHCと口論になり辞めさせてきました

しかし、カズンズも2014年のワールドカップ、2016年のリオ五輪をどちらも優勝して強い選手に触発されたはず

それに伴ってnbaでも強い所に行きたいというのはあってもおかしくありません

カズンズがキレる理由として最も多いのが試合に勝てないことなんですね

しかもHCに当たり散らかすから質が悪い

キャリアハイの56得点はチームレコードなのに試合では負けました

こう考えるとケンタッキー大でカズンズを従えていたカリパリはスゲェ…

f:id:celticskun:20161022215326p:plain

ですから強いチームで揉まれれば更に強くなりますし結果も出るので良いのではないでしょうか

最後にお待ちかねカズンズハイライトをどうぞ

ではでは